履歴書の書き方カテゴリの記事一覧

職務経歴書を書くときの注意点

転職するときの履歴書の注意点です。
履歴書に使う写真は写りの良いものを使ってください。髪型や服装は面接を受けるような状態が一番いいですね。

志望動機は簡潔に。なぜ選んだかをポイントを押さえて書いてください。長々と書く必要はありません。

自己PRは、求人募集をしている会社に役立つスキル。自分が優れていると思えるもの。この2つについては具体的なエピソードなどがあると良いですね。

次に職務経歴書の書き方ですが
1、論理的であること
一番最初に結論を書きます。そしてその理由を書くのがビジネス文書のマナーですね。難しい言葉は使わずに小学生でも理解できるものにしてください。

2、具体性
転職先で働くことをイメージして、出来るだけ現実的に書いてください。

3、オリジナリティ
具体的なエピソードで、そのエピソードがあなただけにしか出来ないというようなものがあれば一番良いですね。

4、成功体験
成功した結果とプロセスを書きます。このときも結論が先です。

5、自分の強みと弱み
自分が一番分かっていないことが多いです。このときは、友人の意見を聞くといいでしょうね。長所と短所は裏表の関係にありますので、言葉使いには注意して書いてください。

最後に履歴書にしろ、職務経歴書にしろ転職予定の会社に対してラブレターを書いている気持ち書くと自然と上手く書けると思います。

履歴書を書くときの注意点

転職をするときには履歴書を書きますよね。採用する会社では履歴書でかなり採用の可否を決めているところが多いですね。

当然、求人募集をして多くの求職者がいる場合には面接をする人を絞るために、書類選考という形で履歴書で判断して、面接を必要としない人を選び出してしいるのです。つまり、求人募集に対して履歴書だけで不採用になっているのです。

このようなことがないように履歴書を書く時には注意をよく払って書いてください。一般的な履歴書の注意点を書いておきます。

字は丁寧に書く。字が上手であれば良いですが、字が上手である必要はありません。丁寧に書いてください。字には人柄が表れますので。

内容の使いまわしはしない。どのような会社への履歴書に使えるような言葉は書かないようにしましょう。求職先の会社に対しての応募理由がはっきりと分かるような言葉で書きましょう。大袈裟にいえば、人生を変えるかもしれない履歴書を書いているのですから、真剣に書いてください。

誤字・脱字に注意。日本人は誤字・脱字には真面目すぎるほど敏感です。誤字・脱字には注意し、書き間違えた場合には、新しい履歴書に最初から書いてください。

履歴書のフォーマットはスッキリ型で。転職にあまり必要ないことは書かないようにします。読みやすいということも大切な要素です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。