一度不採用になった企業に再応募する

中高年転職するにはそれなりの理由があるはずですね。そして、転職したい企業を自分で探しだして、採用試験を受けるわけですね。

このとき、順調に採用してもらえれば良いですが、残念ながら不採用になることも決して少なくありません。

様々な中高年の転職理由から選んだ企業にどうしても採用して欲しいケースを考えてみましょう。

まず、1度不採用になると、一般的には3年程度は採用試験を受けても採用されることはないようですね。だから、この3年の間に、転職したい企業になぜ落ちたかを一生懸命に考え、分析して採用してもらえるような方法を考えましょう。

スキルが不足していた場合には、スキルを身に付けるようにしてください。当然、3年後に書く履歴書には取得したスキルと、取得したスキルによって転職希望先企業でどのように役立つのかを書ける様に考えた上での行動をとってくださいね。

しかし、一度不採用になった企業を再び受験することは、あなたの熱意は十二分に伝わるはずですから、決してあきあめないことが重要になってきます。

転職希望の企業でコレだけ役立つことが出来るというものを必ず作り上げておきましょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。