転職先にセクハラ上司がいた場合

中高年転職失敗した珍しいケースとも言えることです。

30代後半の女性が、経営企画の仕事に転職をしました。転職面接の時には、社長と役員とだけに会い、給与もアップするということで、転職を決めたのです。

しかし、配属先の上司に問題があったのです。配属先の上司とは性格的に肌が合わず、セクハラのようなことはされるし、断るとパワハラを仕掛けてくるのです。

新しい会社に転職して事情を聞いてみると、経営企画の前任者は上司のセクハラやパワハラで辞めたとのことでした。

このようなことは、転職してみなければ分かりませんよね。一生懸命に転職する予定の会社を調べても、限界がありますよね。このようなときにはどうすれば良いでしょうか。

難しいかもしれまんが、転職する前に、配属予定の職場を見せてもらったり、上司に会わせてもらってお話をさせてもらう程度ですよね。

でも、このときには上司はきっと仮面をかぶった状態で接してくるはずですから、多分セクハラをするとか、パワハラをするなどということは分からないでしょうね。

非常に難しいケースですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。