退職理由は給与が低い

昨年の10月に退職してからまだ次の勤務先がきまってません。退職理由は給与が低い(上がらない)からなのですが、面接ではそういった事は言わないほうがいいと伺っています。前職が営業事務だったので、成果を上げたが給与面で反映されなかったとは言えません。 また、もっと資料作成などエクセルの資格を活かしたいためと言ったこともあるのですが、どこっも「そんなに資料作成はない」や「他の部署になればパソコンは使わないけど不満はないの?」などと言われてしまいます。どうすればよいのでしょうか?女性・28歳

転職理由を言うにあたって気をつけるべきことは、
「何をするにしても後ろ向きな考えを持ちがちなのではないか」
「自分で工夫もせずに他人のせいにしがちではないか」
と面接官に思われないようにすることです。

そう聞こえなければ、ある程度、正直に理由を言ってもいいのではないかと私は考えます。

今までどのようなご経歴をお持ちかがわかりませんが、ずっと営業事務でいらっしゃるなら、ご年齢からして中堅どころの役割になっていらっしゃるでしょう。
そうしたら、「そろそろ認めてもらって給与を上げてもらいたい」と考えたのは不思議ではありません。
「私はこの仕事にやりがいを感じています。周囲の方の役にたつような仕事の成果を出せるよう、心がけてきました。ただ、残念ながら前職においてはそれを十分に評価していただける制度がなく、このあとも変化はすぐにはないとのことだったため、残念ながら退職をするに至りました」
等と表現されてもいいのではないでしょうか。

ご転職活動が良いものとなりますよう応援しております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。