転職で収入アップ?

転職で収入アップ?
今回は、転職でそもそも年収があがる人はどんな人なのか? そして、年収アップのポイントをお伝えします。転職で年収は、本当に上がるのか?転職で年収はあがるのか…? そもそも転職で年収はあがるのか? リクルートエージェント社によれば、66.6%の方が、転職して年収があがっているとのこと。とはいえ反対に、年収を下げて転職している人も多いようです。必ずといっていいほど話題になるのは、「年収」のお話。

日本企業から外資系に転職した場合2、3割給料が高いことはよくあることです。金融、総合商社、コンサルティングファーム、医療。業界1位または2位の会社。日本人の平均給与はいまだに400万円台ですが、これらの3つのパターンにあてはまっていれば、取締役や部長でなくても1000万円以上もらっている方の割合が多いです。

年収が上がる業界の見つけ方日本の産業において、給与の高い業界や会社には次のようなパターンがありますので、そもそも給与レンジの高い業界または会社に転職することです。お金が全てではないことはわかっているものの、20代後半以降になれば、重要になってくる「年収」の問題。金融業界では、今はサブプライムローンのあおりを受けて、とても厳しい状況ですが、これも時期の問題で、いったん落ち着けば、年収レンジが高い業界であることは疑いのないところです。その場合は、その方の転職理由は「お金よりも仕事内容を変えたい」ということだったり、「労働時間を短縮したい」ということだったりします。

年収20%upといえば、たとえば、500万円なら、600万に、800万円なら、960万にあがるということですが、私が5000名以上のキャリアカウンセリングをしてきた経験からいえば、年収20%upで転職することは、絶対できるとはいえないものの、できている人はままいるといったところでしょうか。それぞれの会社は、必ずしも簡単に入れるわけではありませんが、学生には人気がないBtoBのビジネスであり、企業向けサービスを行っている会社などで強みがあり、利益率が高ければ、年収があがる可能性があります。一方で退職金がなかったりしますので、そのあたりは考慮のうえ、ご決断されると良いでしょう。
| 収入

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。