転職成功の秘訣

転職成功の秘訣
励ましてくれる相談相手をもっておくといいと思います。いつのまにか、相手に気に入られるために、とりつくろおうとしている自分がいた。(外食店長→学習塾の教室マネジャー/33歳)面接で「課題」を設けておくと、気持ちに余裕ができる自分の経験から、面接を受ける際のアドバイスを1つ。後戻りできないような状況になることはないですから。(ソフトウェアメーカー→自動車メーカー・商品企画/30歳)面接では、自分を飾らず、素直な気持ちを伝える皆さんにお勧めしたいのは、「面接では、応募先に合わせようとするのではなく、自分の素直な気持ちを正直に伝える」ということです。3年目がどうとか、経験を積んでからどうとか、難しく考えすぎずに。

相手の意図を意識しつつ、自分がやってきたことをしっかり伝えることを心がけるといいと思います。転職という「非日常」に立たされると、焦りや不安を感じるものです。とはいっても、一人で悩んでいると、思考が悲観的な方に向かっていきがちです。エージェントを通じて転職を果たした皆さんにインタビューをする機会がありましたので、「これから転職する人へのメッセージ」をお聞きしてきました。それくらいの余裕をもつつもりでいれば、緊張し過ぎることなく、実力を出せると思います。あと、転職エージェントを利用する場合は、メールでのやりとりとかじゃなく、直接顔を合わせて話すのがいいと思います。

大事なのは、相手が何を知りたいのか汲み取ること。企業の「こんな仕事をしてほしい」、転職者の「こんな仕事がしたい」が合致したときに内定に結びつくものなんだと。(石油販売会社→健康食品販売会社→食品商社・営業/25歳)まず行動を起こしてみれば、方向性が見えてくる転職するかしないか、真剣に悩んでいるのであれば、まずは行動を起こしてみることをお勧めします。それでも、妥協すべきではない。(メーカー系システム会社→大手メーカー・エンジニア/30歳)。何かを調べようと思ったら、ネットなどは手軽だけど、やっぱり足を使って動くのが一番ですよ。

何でもいいと思うんですよ、「相手の顔を観察する」とか「部屋の調度品をチェックする」とかでも。自分が気が向いた時に行動を起こせばいいんじゃないでしょうか。だから、ダメモトで動いてみてください。シビアな質問を突きつけられる圧迫的な面接もありましたが、「次、どこで笑わせようかな」と考えていると、気持ちが楽でした。ご自身の転職に満足している方々の体験談ですので、転職活動を成功させるためのヒントにしてはいかがでしょうか。それを、キャリアアドバイザーに指摘され、それからは、ありのままの自分を伝えるようにしました。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。